• ホーム
  • ミノキシジルでの薄毛治療に効果が出にくい人はどんなタイプ?

ミノキシジルでの薄毛治療に効果が出にくい人はどんなタイプ?

髪に悩む男性

薄毛のタイプの中でももっとも多いのが男性型脱毛症といわれるAGAと呼ばれるタイプですが、このAGAを改善させるには、AGA治療薬を服用することと、ミノキシジルを頭皮に塗るという方法が有効であると考えられています。
まず、薬の効果としては、AGAの原因でもある、体内酵素の働きを抑制するので、髪の毛の成長をストップさせている因子を取り除くことができるので、結果として髪の毛の成長が再びしっかりと促されるということが考えられます。
一方、ミノキシジルに関しては、髪の毛の成長に必要な栄養を届けている血液の流れを良くするという効果がありますから、発毛を促進させるという効果があります。
しかし、ミノキシジルは一般的に額の生え際などには効果が出にくいといわれています。
また、薄毛の原因が血行不良で行っているのではなく、体内の男性ホルモンの一種の働きによるものである場合は、ミノキシジルを頭皮に塗って、血行を促進してもあまり効果はないということになります。
ですから、ミノキシジルを使う前に、自分の薄毛の原因に頭皮の血行不良が関係しているのかといったことを知ることが重要になってきます。
最近では、専門のクリニックなどで薄毛の状態を検査することができますから、一度検査をしてみるとよいでしょう。
ほぼ体内酵素が原因であれば、生活習慣の影響というよりは元々の体質ということになり、AGA治療薬の方がより効果的であるということになります。
ですから、人によっては、ミノキシジルを使ってもほとんど効果が出ないという人もいるかもしれません。
ただし、薄毛の進行を止めるという役割は果たすことができる可能性が高いですし、塗り薬に関してはほとんど副作用の心配もないので、薬と一緒に併用すれば、薬の効果をさらに高めることができると考えられます。

関連記事